10か月目にして思うこと

地域協力隊員になって
今まで、個人事業主という肩書?名目のもと10年近く1人でふらふらしてきた。
職員、社員として、正式に組織に入ったというわけではないけれども
現在、一つの団体、組織の中の所属している…ような形になるのかな。
どうだろう。

まぁ、いままでとはちょっと違う環境に
今、あるわけで…。

思うことは
人は、環境や、置かれる状況によって
考えることや、心配事や、ストレスの原因がこんなにも違うものかということだ。

武藤の周りにいる人は「変わってる人」っていうのが普通だよね。
たまに「普通」の人がいるとびっくりするって、最近友人と話して笑いあっていた。

そうかなぁ…?と、反論したくて考えてみても

確かに、小学校…高校…学生の頃思い描いた10年後、20年後のの自分や友人とは
かけはなれた生活をしている人は多いかもしれないなぁ。。

私自身今現在、こんな生活をしていることに驚いているし。

10年間ふらふらしていたなかで
私のそばにいた人たちはたぶん
「自分にはこれしかできない」「これをしないと生きていけない」
自分にできることで今後食っていくにはどうしたらいいんだろう?

っていう悩みの人たちだったように思う。
やりたいことがはっきりしている、、という以上に、やりたいことができなくなったら死ぬ。
くらいの人もいたり。

やりたいことをやってしまう勇気のある人達というよりは
やりたいことを捨てる覚悟を持てない人たち。

やりたいことをあきらめる決意をしてみて、
普通(?)生活をめざしてみると、
体が拒否して蕁麻疹とかでちゃったり。
ストレスで激やせしちゃったり。

そんな人たち。

そこからぬけだせないから、なんとか生きていかなくちゃと
もがいて、もがいて、いろんなことをやってみて
そんなことを続けていたら
なんとかなっていった人たちとか。

才能にめぐまれて、スルッとなんとかなっちゃった人とか

器用に”普通”に転身して
新たな悩みを抱えながら生きてる人とか。

いろいろで。
もちろん、夢をもって現在の職業に就き、順風満帆な人生を歩んでいる人もいる。
うらやましい限りだけれども。

そういう人たち以外に、「自分が何をしたいかわからなかった人達」という人達も存在していて。

これは、学生の頃から不思議に思っていたことで
私は、絵を描くことが大好きで、でもそれは仕事にはならないことだ。と思っていた頃。
どうにか”器用”に転身して、普通の道を行こうとバタバタしていた時

周りには

「何がしたいたわからない」

と、口にする人が大勢いた。

私にしてみると「?」で

したいことが無いって、自分に縛られずになんでもやれる人だーって
ちょっとうらやましくも思った。

でも、当人たちはそうでもなく
なにが嫌なのかもわからないけど、なんか嫌。みたいな
そんなものがあるっぽかった。

私は子供の頃から、あきらかに、絵を描くこと、ものをつくることが大好きで
それが特別なことだとも思わなかったのだけど。

他にも、体を動かすことが好きだったり

本を読むことが好きだったり

いろんな人がいるんだと思ってた。

「なにがしたいかわからない」

という悩みが謎すぎて
言われてもどう答えていいかわからなかったけど

もしかして
お金にならなくても、生活の糧にならなくても
「好きなこと、やりたいことがある」ということは
恵まれていることなのかもしれないなぁと、思った。

絵を描くこと、モノを作ることに興味がなかったら
私は今、何を思って生きていただろう。

 

あ。

そうだ。
一時、
本当に、これまでの人生のなかで短い期間だけど
悩みが深すぎて、なのかな。
自分が、なにを楽しいと思うのかわからなくなった時期があった。

音楽も、本も、絵も、映画を観たりすることも。

知識を得るためためだけに見る
苦痛を感じる作業に感じられた時期があった。

でもその時は、必死になって解決したい問題とか、行きつきたい未来があった。
自分にとって、自分以上に大事なものがあった。

 

だからきっと
「何がしたいかわからない」と口にする人たちは
なにかに夢中になること以上に、自分に必要なことがあるから
そこに目がいかない、興味がいかないというだけで、
自分の中のキャパが、そういう方向に割くことができないだけで
大事なものがきっとあるはずだと思う。

 

それは、わたしみたいな(?)人には理解のできない領域のもののようにも思うし。

 

人それぞれ。

これを価値観の違いというのなら、
それって、
無理に修正する必要はないんじゃないかなと思う。

世の中のこと、全部を理解することはできないからおもしろいんだし、
だからこそ、いろんな人がいるのかな。
と思う。

 

自分の、納得のいくそれぞれの人生を。