まちおこし/ステージ

町内外、いろんな場所でまちおこしの活動は行われている。
地域おこし協力隊・OBの仲間でも、引き続きまちおこしを意識している人たちは多いし、もちろんそれ以外で活動をしている人たちもたくさんいる。

選んだステージもそれぞれだし、
なにをもって『まちおこし』というのか?っていうのも曖昧だけれども、そんな人たちと『まちおこし』の話をするのは、楽しくもあり、心強くもある。

先日、わたしに『まちおこし』の話をふってきてくれた人はの話始めはこうだった。

「まちって、おきないよね。」

否定的な言葉からの始まりだったけど、その言葉でその人がこれまでどれだけそのまちについて考えて行動してきたかがわかった。

「なぜ、この場所に来たの?」
「今後、ここでどうしていきたい?」

こちらからの質問にも、
回答の言葉のはじまりは、
田舎は家賃が安いからねー。。とか、もう、店がつぶれなければそれでいいや。とか、

そんな、やる気ないっすよ?
みたいな言葉からはじまるんだけど、

話を進めていくと

でもさ、ここには大きな川があって、
変に作りこまれていない宿場町がある。
この場所に、この場所を気に入った人がスムーズに移住できるような体制が整えばもっとくなると思うんだよ!

変に観光地かするんじゃなくて、それぞれの事業者が、自由に」個性を発揮できるように………。

想いは、めちゃくちゃ熱い。

ほんの数十分の会話だったけど、楽しかった。
また、別に時間とって遊びに来るね!

と言って店を出た。

「まちおこし」
目指すゴールは人それぞれ。
自分の人生の多くの時間をその場所で過ごすから、
自分の好きな場所のままであって欲しい。
もっと素敵な場所であってほしい。

そういうゴールもある。

写真は、この話をした前日に撮影した「スパゲッティランチ。」思いがけず登場した鉄板スパゲッティに大喜びしました。

鉄板スパゲッティ

::::::::::::::
岐阜県八百津町の土産物、特産物を中心にご紹介させていただきます。
八百津町情報サイト やおつまるごとPR
YAOTSU MALL
https://yaotsu-mall.com/
::::::::::::::