まちおこしのこと/目的が無いと…。

昔、クリエイターの方から手作り雑貨をお預かりして販売するということをしていた時期があった。
繋がりがあったクリエイターの方々もいろいろで、本職が別にあって、副業としてとか、まったく趣味でという、「生活の軸にはしていない。」スタンスの方と、ガッツリ本職として作家業をしていて、お金が足りない時にバイトする。という「作ることを生業とする」というスタンスの方。

「つくること」に関しての自分の覚悟や目的によっても変わってくると思うのだけど

本業クリエイターの方、Aさんの話で、
あー、それなんかわかる…と思ったこと。

彼らの収入源として、イベント・クラフトフェアなどの出店がある。おそらくバイト先で、「今週は出店の準備で忙しい~」とかなんとか話をしていたんだと思う。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

バイト仲間の人から言われたこと。
「それって…交通費とか出るの?」(労働条件良いの?)

Aさん
「…。むしろ出展料払ってますが…。」

バイト仲間
「ものすごいブラックじゃない??」

Aさん
「…。」

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

これは…もう分かり合うまで話し合うのが無意味というか…。

このバイト仲間の方がもし、出店や、そうでなくても自分が手作りしたものを他人に販売しようとするとき

「作業時間、これだけかかってるんだから時給に換算すると、~円くらいはもらわないと割に合わないよ!!」

って言っちゃうんだろうな。

どんだけ時間かけて作っていようが、商品に魅力が無ければ高い値段は付けれない…どころか0円であげると言ってもも持って行ってもらえないということも起こるんだよ。

でも、魅力ある商品を作る人は出展料を払うイベントを
集客して、PRする場所を提供してくれる場と捉え、その対価として出展料を払う。

出展料以上の利益を上げる自信がなければ出店するべきでない。
とも言えるのかな。
利益を上げる方法を考えて自分の事業を運営しなければならないから、その手段として「出店」という方法を選ぶということ。

商品を製造して時給がもらえることを期待するなら工場のライン作業をすべき。これは、売れる見込みのある商品をマニュアルどおり作るという「仕事」だからお金がもらえる。

こういう、(お金がもらえないのはあなたに実力がないからだよ、という厳しい現実があるという)考え方を悪用して、夢や希望を持った若者たちの「やる気の搾取」的なことをする組織もあるようだから、気を付けなければならないし、もう訳がわからなくなるのだけど。

そして、どれだけ人に喜ばれて、感謝されて、価値のあることができたとしても、そこからお金が貰えるという質の仕事でなければ、あたりまえだけど、お金は貰えない。
継続するべき価値があることなのに!(お金が無くて続けられない…!)と考えるのであれば、継続を可能にする策を考える必要がある。

自分の努力や労力、やる気を費やして、そこからどれだけ得るものがあるか?っていう判断を自分でする必要がある。

得るものは、お金だったり、経験だったり、人間的な向上だったり…、自身の事業を進めるうえでのメリットになるだとか…いろいろだと思う。
お金が貰えないボランティアだって、「誰かのためになにかやりたい。」「誰かを幸せにしたい」という気持ちの満足を得るという目的であれば良いと思う。
そういう人たちの集まりで「継続」が可能なのであればそれは素晴らしいことだと思う。

自分が、何に対して満足できるのか。
なのではないかな。

そして、何を目的として、なにをすれば満足できる結果を得て、達成することができるのか?それを考えて、自分が次何をすべきか考える。

「まちおこし」に限らず
「事業を起こす」って、そういうことだよね…。

って思う。

「目的」が定まっていないと
楽しさや勢いがあって始めたことでも、
楽しくなくなった時、進めることが苦しくなった時に
あっけなく終了しちゃうよね。